会社概要 Corporate Profile


会社名
フェニーチェホーム熊本株式会社
代表
川路 泰三
所在地
熊本県熊本市東区健軍四丁目17番19号
設立
2016年9月16日
資本金
1,500万円
登録
■ 宅建業 熊本県知事(1)第5192号
■ 建設業 熊本県知事(般-28)第18125号
■ 一級建築士事務所 熊本県知事登録 第3678号
事業内容
1.建築・造園・土木工事の設計、施工監理、施工の斡旋ならびに請負
2.木材その他建築用資材・家具の販売
3.不動産の売買・仲介・管理及び賃貸借の仲介
4.建築物及び付属設備の保守点検、清掃等の維持管理業務
5.インターネットを利用した土地・建物の販売、仲介、設計業務
 

フェニーチェ熊本株式会社 店舗案内図

持株会社について Holding Company


持株会社名
すてきナイスグループ株式会社
代表取締役会長 兼
最高経営責任者(CEO)
平田 恒一郎
代表取締役社長
日暮 清
本社所在地
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-33-1 ナイスビル8階
設立
1950年6月23日
資本金
220億6,920万円
上場市場
東京証券取引所市場第1部
事業内容
建築資材事業・住宅事業およびその他の事業を営む当社グループにおけるグループ戦略立案・経営管理および社有資産の賃貸など
 

ナイスグループ沿革

「建設資材事業」と「住宅事業」

2つの事業を展開することによるシナジーを強みとするナイスグループ。
ナイスグループは家1棟分の建築資材をトータルに供給できる建築資材事業と
一戸建住宅からマンションまで高品質な住宅の開発・供給をする住宅事業を展開しています。


ナイスグループ 家づくりの歩み-History-


一戸建住宅 約12,800棟
マンション 約41,700戸(2016年3月現在)
ナイスグループの供給実績と
地震に強い住まいづくりへの取り組みは
フェニーチェホームの品質に息づいています。


住宅の耐震化の重要性を広く訴求
「住まいの構造改革キャンペーン」とは、住宅業界のパートナーとともに、住宅の耐震性の大切さを啓発し、1981年以前の旧耐震基準で建てられた住宅の建て替えや耐震改修を訴える活動です。

全国で「住まいの耐震博覧会」開催
「住まいの耐震博覧会」は、ナイスグループが地震に強い家づくりをテーマに全国で開催しているイベントです。実物大の構造躯体や動く模型を使って耐震性を解説したり、国内有力メーカーの住宅設備機器などを展示。ご来場者はこれまでに185万人に到達しています。

地震体験車を所有・体験会を実施
「住まいの耐震博覧会」などで、所有している地震体験車を使って地震体験コーナーを開設。学校や地域のイベントへの貸し出しもしています。

健康な住まいと暮らしのテーマパーク
「スマートウェルネス体感パビリオン」開設
ナイスグループと、横浜市および慶應義塾大学との共同で、産官学の連携によって健康と環境に優しい家づくりの学びと体験ができる施設。「見て、触れて、感じて、知る」体験型のパビリオンです。
 
 
工務店の耐震診断・耐震改修の技術向上を推進
耐震診断と補強工事に関する知識と技術の普及を図る目的で、NPO法人住まいの構造改革推進協会を設立。
実地研修などを通じ、多くの工務店が技術の向上を目指して切磋琢磨しています。



↑